2019年8月16日金曜日

マンモスグループと呼ばれて「ハンドメイド雑貨モール」facebook

今日は私が運営しているfacebookグループのことを少し、、、

いくつかグループ運営をしていますが、その中でもある方のブログなどに「マンモスグループ」と記されるくらいメンバーが増えてきた「ハンドメイド雑貨モール」

facebookの広報を担当されている企業担当者さんからもご連絡をいただいたことも。

基本的には「放置する管理人」としてある意味有名ですが(笑)

お仕事じゃないですから。私も、メンバーさんも。あくまでSNSの中の1つのコミュニティで、そこで素敵なハンドメイド作品を披露したり、販売したり、みて楽しんだり、それぞれが選択してそれぞれの楽しみ方をしてくれる。

メンバーさんから色々なメッセージをいただくこともありますが、基本的にグループの中で解決していただくなり、個人間での解決をお願いしております。

そうやって気負わずフリーダムなグループは色々ありながらもたくさんの方に楽しんでいただいています(^^)

私自身なかなかフィードを追いかけたりしないのですが、ちょっとした合間に開いてみると本当にカワイイ作品がたくさんで。

欲しくなってしまい買っちゃいました❤︎

どんぐりピアス❤︎リーフブレスレット
か、かわいいいいいいい!



そんなこんなかわいい作品色々、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪
comoleviさんのinstagram

<管理人も購入してみた:グループでの商品購入の流れ>

1.販売者様の個人ページのフィードなどで普段から制作されていることなど確認
2.購入の希望をメッセンジャーで連絡
3.商品代金と振込先口座がメッセンジャーで届く
4.振込する
5.商品到着!

facebookの販売機能がもっと充実するとトラブルも減るかな。でもそうなるとやっぱりシステム上facebookさんに販売手数料を支払う必要も出てくるでしょうね。

今後のグループの機能・仕様変更を見守りつつ今後もメンバーの皆様のおかげで存続している(今の所)ハンドメイド雑貨モール、お楽しみいただけますと幸いです❤︎

2019年8月13日火曜日

バリアフリービーチ in 三原 無事終了しました!

サードボックスのメンバーであるハッシーが主催するバリアフリービーチ!

側面的に協力できればいいなと思っておりましたが、天候による延期開催で当日スタッフとしても参加させていただくことに。

まず三原市すなみ海浜公園がバリアフリーで、設備が整っていることがあまり知られていないというのをすごく感じました。

私もバリアフリーだということは知っていましたが、ランディーズ(水陸両用の特殊車椅子)の無料貸し出しがあることや寝たまま着替えることができる更衣室の存在などは全く知りませんでした。


バリアフリービーチはこの整った設備について知るきっかけという意味でも大きな役割を果たしたのではないかと思います。

当日はたくさんのボランティアさんと、参加者さんは海水浴を楽しんでおられました。

海からでて、砂浜ではアート体験を楽しんだり、シャボン玉で遊んだりスタッフも参加者も笑顔あふれる時間を共に過ごしました。

誰もが楽しめるバリアフリービーチのある三原、ぜひイベントではなく日常の光景として多くの方に海水浴を楽しんでいただけるといいなと思いました。

準備から開催、終了後のあれこれ、実行委員会の皆様本当にお疲れ様です。そしてありがとうございました!

当日ご一緒させていただきましたボランティアスタッフの皆様、関係者様お疲れ様でした!

またお会いできる日をを楽しみにしています♪

photo by narumi

小松はその夜、14時間ぐっすり眠りましたとさ(笑)

2019年7月15日月曜日

気高き己を忘れてはいない



この投稿は予約投稿です。実際の投稿は2014年9月です。
原文
気高き己を忘れてはいない
今、この時に紛れて姿を曖昧にせざるをえぬこの生も、見失いはしない。
ここで今何と向き合い進むべきかをもどかしく、手ぬるく感じていたとしても、
その燃ゆる信念は消えぬ。
次へ携える為におりにふれ、己に問いかけ確かめることが開く為の祈りとなる

-------------------R
自分の持っている、才能、センス、感覚を大切にしていく
人と合わせたり、妥協したり個性を出しにくい世の中ではあるけど、
それでも自分が持っている個性は消える事はない
自分のやりたい事と現実が違うように感じたり、もどかしく感じる事があっても
自分の個性は変わらずにある
常に、自分の気持ちを確認して 大切にしていけば道は開けてくる

------------------A

今生で過ごすこの時代に紛れて本質が隠れがちになっていても、
それは本来のあなたを失っているわけではない。
あなたの中にある熱を帯びた感覚も、人には見せない芯、信念、
自分を裏切らない意志、感性を時には素直に受け入れ、
感じることが次の自分への祈りとなり、開き始める