2013年1月7日月曜日

私の考える 「感謝」

感謝という言葉をよく耳にします。

あくまで私の考えですが、感謝というのは心の中で「ありがとう」という気持ちになったり

相手に「ありがとう」と言葉で伝えたりすることではありません。

これは、私の中では「感動」から派生する言動や行動の範囲だと考えます。

本当の感謝とはその先にあると思うのです。

誰かに支えられたり、力を貸してくれる相手の言動や行動に「感動」し

感動を伝えた後はどうしますか? それで終わりですか?

その想いを結果や形として相手にみせる為の行動を私は考えます

支えてくれる、協力してもらう、ということは自分の言動や行動に対し、

賛同してもらっている。 同じベクトルであるとも言えます。

つまり自分の望むその先の結果を出す事、それを見た協力者が笑顔になることが

互いの財産になります。

そうして生まれる財産を共有していく事、自分も喜び協力者にも喜んでもらう

究極の「自己満足」が私の考える「感謝」です。


--------------Bパターン表現-----------------------------------------------

いつも長いわ!難しいわ!と言われるのでBパターン表現します 笑
------------------------------------------------------------------------------

結果を出せないと感謝したこにならないということではなく、
それに向かって突き進む事、行為自体が感謝という言葉の表れだという意味です 

オールの無い手漕ぎボートで目的地を眺めるあなたにオールを渡してくれた人が望む
事は何でしょう ありがとうー!助かったー!という言葉でしょうか 

あなたの眺める目的地にたどり着いてあなたが喜ぶ姿、達成する姿をみたい
その気持ちからオールを渡してくれたのではないでしょうか

0 件のコメント:

コメントを投稿

UST番組(お休み中)

UST番組(お休み中)
Candyと愛でお送りしています